サーバ容量節約!Flickr,picasa(google+)を使って関節的に写真をアップしよう

      2018/03/21

無料レンタルサーバーでブログをやっている方は大体総容量2GBくらいなので画像などをバンバン貼っていくと割とすぐに上限に達しそうですよね。

というわけで画像アップロードサービス大手であるFlickrおよびpicasa(google+)を画像置き場に使い、リンクを貼ることで関節的に写真を乗せる方法を試してみました。

※撮影位置情報を非表示にしないと自宅の住所がばれたりするので注意してください。詳しくは→

以下、実際に張り付けてみた結果です。

 

↓ picasa(google+)にアップした画像データを表示

[pe2-image src="https://lh3.googleusercontent.com/-5W0uokMABHc/VtEGwg1-9qI/AAAAAAAAI6c/aVv1XBaOXuEGDunQasX1VlAOjdvFN26_QCHM/s144-c-o/IMG_5878.JPG" href="https://picasaweb.google.com/117888661645117036738/UzaZxD#6255788787914176162" caption="" type="image" alt="IMG_5878.JPG" ]

※picasaは画像が圧縮されてしまいます。非圧縮サービスを選択可能だが容量上限が356MBに下がる。ちょっとそれは少なすぎる。

(メモ:なぜか記事を編集すると表示位置がくずれる。挿入しなおすと直る。)

 

 

↓ Flickrにアップした画像データを表示 (Flickrは圧縮なしで1TB使用可能)

けんのすけの防音室と楽器

 

↓ 通常の直接アップ写真(wordpressにアップ)

drums1_delete

 

うーん、表示はFlickrがいい感じですね。

画像挿入に使用したプラグインですが、

picasa(google+)は「Picasa and Google Plus Express」というプラグインを使用。画像を選択可能にするのに少し手間取りました。よくわかりませんがgoogle+に投稿すれば選択可能になるようです。ちゃんとしたやり方は未調査。(この時点でFlickrがええわ。となったため笑)

Flickrは「wp-flickr-press」というプラグインを使用。

Flickrプラグインは他にも「Compfight」「Flickr - Pick a Picture」といったものがありますがこれらはFlickr上のフリー素材を添付するためのプラグインのようです。(要は自分の写真を添付できないってことです。フリー素材化しない限り。フリー素材にするにはクリエイティブ・コモンズ・ライセンス設定とかでググって頂ければと思います。)

ちなみにiPhoneから写真をアップロードするアプリはpicasaもFlickrも公式のものがあります。どちらも快適で使用感に差はありませんでした。

※ただしFlickrアプリは米国版Appアカウントを作らないと使用できません。少しめんどくさいです。

Flickrのiphoneアプリをインストールすることができたなら断然Flickrが良いと思います。wordpress上の表示もいいし、picasa(google+)と比べ容量制限(or画像圧縮)がない。プラグインも使いやすいです。

逆に言えば容量制限くらいしか差がないということですけどね。

 

以上、お付き合い頂きありがとうございました。

 - wordpressメモ ,