【ネタバレ漫画感想】東京喰種トーキョーグール:re【10巻】トーカちゃんの"女"の顔にファン歓喜

      2017/11/25

東京喰種トーキョーグール 10 (ヤングジャンプコミックス)

 

嬉しそうなトーカちゃん

グール

久々にカネキきゅんに「ば〜か」なんて言えてさぞ嬉しかったことでしょう

グール

「トーカちゃんはカネキがいい。。(呼ばれ方の話)」

トーカちゃん、この言葉にハイセが完全にカネキに戻ったものと認識。

次の瞬間、ファルコンパンチでカネキを地面にめり込ませる!

トーカちゃん「あースッキリした。」

たぶん、以下無印8巻のときの恨みと思います

「一人にしないってどういう意味だったのよ…わたしは嬉しかったのに…クソカネキ」無印8巻より

※この後、カネキ行方不明

トーカちゃん、ハイセとして生きるカネキを見守ると決めていただけに、カネキとして再び戻ってきてくれたことはとっても嬉しかったでしょうね!

しかし、自分を戦力として使ってくれないことには苛立ちを覚えている様子。

 

 

和修政の祭り

グール

ネットで話題になったこのシーンw

グール

完全にぶっ壊れてます笑

個人的にはこの辺りからどんどんハンターハンター色が強くなってると感じる。

最高w

 

六月が快楽殺人犯になっている模様

グール

久々に六月と話す才子。

グール

「女なんは前から気づいとったよ。。」

グール

「むっちゃんからヒトの血の匂いがすんのよ。。」

肉親が犯罪者であると悟ったらこうなるんやろうなあ。哀しい。

六月好きな腐女子多そう。個人的にはレッツ&ゴーのJくんを彷彿とさせる。わいだけ?

 

旧多からVの解説

グール

有馬さんや自分が雑用係だと言う旧多。Vの中には更に戦闘に特化したグループがいる!?

更にここでリゼがVの母胎グループの1人だと明かします。

旧多ニムラ「昔のリザといえばそれはもう愛らしくて、幼心にも彼女との結婚を夢見たりもしたわけです。」

グール

「だから僕がリゼを逃したんですよ。愛ゆえに。でも彼女はその身で自由を満喫するばかりで、身を粉にした僕のことなど微塵も気に掛けてくれなかった。。もし自由を謳歌したのちにガキでもこさえたらどうしようかと考えると夜も眠れなくて。。結局僕の手元に置くことにしたのです。君はたまたまその場にいたタダの大学生。チャンチャン」

 

愛ゆえに。の後に(笑)が付いてないのが今までの旧多と様子が違いますね。割とマジということでしょう。旧多さん結構こじらせてるストーカーキャラだったんですね。

それにしてもカネキきゅんがグールにされたのはどうやら偶然のようですね。

今後、トーカちゃん出演率増えることに期待あげ!


あなたにおすすめの記事

 - 漫画レビュー ,