【ネタバレ漫画感想】タレレバ娘【3-5巻】みなさんセックスがお好きでいらっしゃる。

      2017/02/17

タラレバ

妥協とは

仕事がなくなり、腐っていた倫子に素敵な出会いがッ!

タラレバ

BARの気さくなイケメンにノックアウトォ!

はしゃぐ倫子!

↓ここ声出してワロタ

タラレバ

そして素早く快楽へと身を委ねる倫子ッ!!

タラレバ

タラレバ

「筋肉すごっ…」←えっろ。

倫子さん、「33歳ではじめて女の悦びを知った」などと供述しており、想像以上に気持ち良かった模様。

しかし、楽しいのも束の間、

映画マニアの彼の会話にストレスを感じ始める…

タラレバ

うわー、この気合わん感じ。速攻別れた人との思い出が蘇りますわ〜。

そして倫子さん遂に「観てねーよ」フェーズへ…LINEがリアルな倦怠期感を演出w

タラレバ

「妥協できる女と妥協できない女

どうやら私はできないほうの女らしい」

倫子の恋は静かに幕を降ろすのであった。。

 

倫子さん、本音で話す前に別れるの時期早々じゃない?

「ちょっとそういうの無理」って話し合ってからで良んじゃないかなぁ〜。知らんけど。

これ、結婚の確率を下げている大きな要因だと思うのです。

優しいKEY

タラレバ

「な…なんであたしがこんなショボい仕事やんないといけないのよーーーッ!!!」

とはいえ仕事がない倫子。

しぶしぶ北伊豆へネットドラマ制作に赴く。

そして倫子はこの北伊豆で思いもよらない刺激を受けることになる。

企画のおじちゃんが倫子に語りかける

「今はインターネットでタダでドラマを配信できる時代でしょ。頑張って面白いものを作れば、きっと日本のどこかの誰かに届く。そして俺らのドラマを観た人がこの町に一人でも遊びに来てくれたなら、それだけで十分ネットドラマを作った意味があると思うんだよ。」

タラレバ

「ダメだあたし。このおじいさんたちより頭の中、古いわ。全然負けてるわ。」

倫子は気持ち入れ替え、ネットドラマの脚本に全力で取り組んだッ!!

撮影にはタラレバ娘二人とKEYも駆け付けた。活き活きとした倫子を見て満足げなKEY。

KEY、倫子のこと気にかけまくり。死んだ年増彼女と重なる部分があるのだろうか。

無事制作は完了。倫子も元気を取り戻した。

倫子フラれ、タラレバ三人娘はケンカ

やたら気にかけてくれるKEYに流石に期待をもった倫子。しかしタラレバ2人組のお節介がウザかったKEY。

「あんたとは恋愛できない。あんたらはいつもそうだ。いい歳こいて女同士で騒いで。だから俺も警戒する」

呆気なくフラらた倫子。焼肉屋で黄昏。

タラレバ

「最近はなぜか、一人で焼肉に行ける女がいい女ではないかという、よく分からない方向に頭がいっていた」←ワロタわ。ギャグかよw

この後、タラレバ二人に「オメーラのお節介のせいで失敗した」と言ってしまう倫子。怒る2人。勢いで不倫やセフレのことをついてしまい、女のマジ喧嘩となってしまうのであった

タラレバ

レバーフライ弁当てwwwどんだけタラレバ好きやねんw

レバーフライ弁当が気になってどうやって仲直りしたか忘れてもうた笑。この話終わり。

 

哀しすぎる香。KEY「二度とここへ来るな」

読者の皆さんも、香はクズ男(涼さん)とは絶対に幸せになれないと確信していただろう。だからこそ全読者がKEYに惚れたであろうこのシーン。

タラレバ

「あ…バッグ…」

「ダメだ。オレがあとで呑んべえに届けてやるから」

↑KEY優しすぎて泣いた

部屋に戻るとまたズルズル気持ちを引きずるだろうと、今この時点で決別させたのですね

タラレバ

タラレバ

カッコ良すぎだろめい。

タラレバ

↑てかこのコマの涼さんクズすぎワロタwマジで悪気ないんだな。鼻歌歌ってるよw

これより前だけど、涼さんの「妊娠してなかった祝いだ!」のシーンはビビったね。クズランキング全国30位くらいに入ってたな。知らんけど。

 

不倫の全行程を完遂した小雪

タラレバ

不倫第四フェーズ、嫁の選んだベッドとシーツの上でセックスッ!

妄想でタラとレバが止めるも、、チ●コには勝てなかったよ。

その後!不倫第五フェーズ、不倫相手の家族にベッドシーンを見られる!!を完遂!!

流石に懲りた小雪。丸坊主にして寺にでも入ふんじゃないかという表情で空を見上げ、シーンカット。

なんか知らんけどこの漫画、めっちゃ感情移入しちゃうな。哀しい気分になったぜ。

 

ワイルドすぎてかっこいいw

タラレバ

拾ってきた青年と暇つぶしにセックスッ。

そして男なんて仕事と比べたら価値なしなどと豪語。この子もタラレバ言う時がくるのだろうか。。いや、この子は簡単に結婚しそう。

 

巻末のタラとレバ

巻末では、読者から悩みを募集して漫画で返答するという活動が行われている。これが非常におもしろく、的確かつ辛辣な言葉をタラとレバがぶっ込んでくれているのだ。

相談1

「今年30歳になります。友人から、彼氏ができないのは隙がないからたまと言われます。街コンに行った翌日には、10分話しただけの25歳の男から、「かれんちゃんは、もう少しプライドを下げて、優しくなったらもぅとモテると思うよ!」とLINEがきましたり(しかも平日の15時。UZEEEEと思ったものの否定できない。)隙ってどうすれば作れるのでしょうか。生まれもったものの気がしてなりません。というか、そもそも必要なのでしょうか。」

タラレバ

UZEEEEと思ってしまうおまえの性格の悪さww

タラレバ

タラレバ格言が的確すぎて笑えるのだばかやろう。

他にも非常に面白いのがたくさんあるので是非とも確認いただきたい笑

以上タラレバ娘の感想でした。


あなたにおすすめの記事

 - 漫画レビュー , , , , ,