【ネタバレ漫画感想】それでも町は廻っている【16巻(最終巻)】大人歩鳥かわいい

      2017/04/19

それでも町は廻っている 16巻 (ヤングキングコミックス)

それ町も最終巻か〜

16巻はこれまでバラバラに進行していた物語の締めくくりという感じでした。思わず読み返したくなっちゃいますよね。

最近いろんな漫画が終わってってるなあ

 

金髪ショートカット女子の精神ってだいたいこんな感じってことでおk?

それでも町は廻って16

最終巻にきて紺先輩が全開でワロタw

「あれふたばがやった!えらい?てししw」

可愛いけどwこんな女子大生リアルで見たら結構キツイかも分からんね!笑(でも特定数いそう)

うちの子も一人っ子。。すこし、不安になった笑

それでも町は廻って16

先輩のこんな姿を見たら反応に困るってレベルじゃねーぞ笑

歩鳥にとっては(ギリギリ?)想定内だったようです笑

 

これが高校性活ってやつか。眩しすぎるぜ。。

それでも町は廻って16

まさにリア充のお手本って感じだぜチクショウ(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎

浅井くんと舞ちゃんには結婚まで行っていただきたい!

 

タッツン!青春だぜ!!

それでも町は廻って16

卒業間近、タッツンの恋にも答えが必要なご様子。

それでも町は廻って16

この後ようわからん球技しながらの「本音で会話しようぜ」の青春感よかった。

結局、タッツンは真田に告白する寸前で怖じ気づいてしまい、想いを伝えることができず。

ブルゾンちえみに「う〜ん、駄目オンナ。」とか言われそう笑

 

歩鳥の「ちょっ見るなよ」の表情が新しい

それでも町は廻って16

歩鳥がかわいい。だと?

最終巻にきてキャラブレてるレベルの違和感を感じた。そんな女子っぽい反応、オラはじめて見っぞ!!

 

歩鳥パンツ覗くモブ生徒ワロタ

それでも町は廻って16

「いえいえ(おパンツ見せて頂く故、構いません)」じゃねーよ笑

 

先生が完全にZQNの件

「本物はこっち」の歩鳥さんカッケェ

それでも町は廻って16

↓豹変の仕方クッソワロタ。怖すぎでしょ笑

それでも町は廻って16

↑左下のコマ、完全にZQNやないかーい

 

喰種となった先生を撃退する真田君かっこいいゾ

それでも町は廻って16

なんだこの着地のかっこよさ!

ヒーローみたいだったよ。

それでも町は廻って16

てか歩鳥さんん!すこしは惚れてやりんさいやあ!!笑

 

タッツンの片想いが幕を閉じた。そしてばーちゃんのカレー

それでも町は廻って16

タッツン、苦いねぇ〜!!!

そして歩鳥さんモテすぎてることに自覚なしの巻

 

紺先輩の最終回

歩鳥「紺先輩、来てたんですね。何か用でした?」

紺「用が無きゃ来ちゃいけねーのかよ!!」

それでも町は廻って16

「こんなのあいつとおんなじじゃねーか!」

→友達がコントロール下にないと気が済まない→座成と同じになっちゃうとゆーこと?

それでも町は廻って16

↑これは9巻と13巻にでてきた座成さんに階段から突き落とされたシーンですね。

ペットのように思っていた紺が自分より優位になるのが面白くなくて突き落とした。。んだっけ?

紺先輩は、この闇の思い出を吹っ切るためか、4年ぶりに座成さんに会いにいきます。

それでも町は廻って16

気まずそうな座成さん。てかよく顔だしたな笑。謝罪したい気持ちもあるのかもしれない。

右下、スッキリとした表情の紺先輩。

そしてこのあと、紺先輩と歩鳥が楽しそうに電車で会話しているシーンがあります。

以下の作者の文章から、紺先輩の最終回(成長)がこの回だったのでしょう

「歩く鳥」が最終回だと心が訴えているなら、それも良いですし、とくに15巻後半から16巻にかけてはいろんなエピソードが終わりを迎えるので、一番好きな話を最終回としてくれても良いです。

『それでも町は廻っている 公式ガイドブック』P125

 

割と清楚な格好の歩鳥さん

それでも町は廻って16

森秋先生の家が立派だからなのか、森秋先生だからなのか、ちゃんとした格好してる歩鳥さん。なんだかんだ意識してるのか?

先輩が人を殺す絵について悟ってたけど、番外編用の伏線かな?

 

シーサイド閉店

それでも町は廻って16

16巻分の思い出が蘇ってきます。

それでも町は廻って16

すまん、全巻見てるけど、割と思い出せんかったわ笑笑

 

エロガキ真田くんワロタ

それでも町は廻って16

歩鳥「まちがえて真田の飲んじゃったごめーん」

真田「はぁ〜〜至福だ…」ぱく

ワロタ

ここって時系列飛んでて実は2人はもう付き合ってる?

 

浅井くんの短チョウとく入でワロタ

それでも町は廻って16

クラスのみんなの笑い方w

 

エピローグ『それから』

それでも町は廻って16

なんだこのエヴァみたいなおめでとうシーンは、と思ったら歩鳥の小説が入選したようです!!

それでも町は廻って16

↑真田のおめでとうが完全に彼氏だわ!

このシーンで彼氏になってることを確信しました。

結果に驚かない。今まで頑張ってきたのを見ていた彼氏の表情だわ。知らんけど笑

 

 

それでも町は廻って16

 

歩鳥と静ねーちゃん

歩鳥の好きな小説家 門石梅和は実は静ねーちゃんである。

それでも町は廻って16

しかし、静ねーちゃんの思いとは裏腹に、歩鳥は静ねーちゃんの正体に既に気付いていたのでした

歩鳥「石門先生、ずっと背中を追いかけてどーにかここまで来ました」

おおおおおお!なんだこの感動は!是非コミックスにて!

↓このシーンだけ貼る

それでも町は廻って16

歩鳥が大人の女性になっとるゥ!!!

可愛い

首につけてるのは紺先輩からのプレゼント?(なんとなく)

 

感想

それでも町は廻って16

16巻はこれまでバラバラに進行していた物語の締めくくりという感じでした。思わず読み返したくなっちゃいますよね。

石黒先生は考えてやってんだろうなあ。と思いました。

最終巻キレイに終わったなあ。寂しくもありますが、スッキリとした感じ。

次回作に期待です!

 

 - 漫画レビュー , ,