【ネタバレ漫画感想】終わりのセラフ 一瀬グレン、16歳の破滅【2巻】ヤンデレの真昼さんが見れます。幼女シノアも登場。

      2018/06/11

終わりのセラフ 一瀬グレン、16歳の破滅(2) (講談社コミックス月刊マガジン)

若い深夜さんイケメン

 

真昼の情緒不安定ぶりを楽しむ

真昼

グレンに切りかかる真昼さん

真昼

呼び捨てされて実はうれしい的な真昼さん。

真昼

鬼に憑かれており、時々元の真昼に戻る、という設定のようです。演技かもしれません。

真昼

鬼バージョンに戻ったかと思いきやそのノリのままデレる真昼さん

真昼

私はあの時のままやで。と言わんばかりに胸を押し当てる真昼さん。

グレンさん、シャンプーのにおいを嗅ぐ。

シノアさん登場

真昼

グレン「真昼は一人でなにおw考えてる?何をやるいつもりだ?」

シノア「わかってるのはあなたとの関係を邪魔されないよう力を欲しがっているということだけ。それはあなたも一緒だと姉は言ってました。」

真昼

夢見る乙女の思想が世界を変えたというわけですね。

 

学生時代から暮人さんの完璧主義がすごい

真昼

暮人さんの目はごまかせません

真昼

こんな高校生こわいわww

 

グレンvs暮人

この時が初の対峙となる。

真昼

グレンの隠していた実力を目の当たりにし、呆ける同期たち

真昼

「おっまえ、くそみてぇにめんどくせぇ奴だなぁ」

かっこいいw

 - 漫画レビュー