【ネタバレ漫画感想】インフェクション【11巻】性欲をコントロールできなかった男性読者にはデジャヴすぎるトラウマシーンがあり、心が痛い笑

   

インフェクション(11) (講談社コミックス)

↑アマゾンのレビューがひどい有様になっているwww

けど割と同意www 特に以下。

それでついつい買ってしまうんですが内容はなんだかぐちゃぐちゃで正直どうでもよくなってます。
この話の続きに興味があるわけではなくただ女の子の絵がエロ可愛いので買ってしまう。
エロ漫画のホムンクルスが絵が綺麗で好きなんですがほんと思い切ってどエロ漫画を書いた方がいいと思う。

 

この漫画の主役は榎並さんだった模様ww

インフェクション

心身共に弱った研究者たちの心を今とばかりに鷲掴みしたこの演説!!

すべてはあぐらをかいている研究者たちを発起するために仕掛けていた策略だった。。だと!?

なんだこのカッコよさwwww

「馬鹿が!!全員首を吊れ!!」

かっこいいww

 

晴輝、性行への流れへ持っていこうとするも。。

インフェクション

一度拒否されたのにも関わらず、めげずにサワサワしていく晴輝だったが…!

このあととんでもない事態に!!!

執拗な性交渉にきららさんマジギレ。睨みつける顔がトラウマレベル

インフェクション

こ、これは性欲をコントロールできなかった男が必ず出会う、あの戦慄のシーン・・・・

漫画でこんなトラウマシーン思い出させるなんてヒドイ。笑

晴輝、追いかけるも、墓穴ほる。

インフェクション

この修復不可能の空気。。。

苦い思い出が蘇った男性読者も多かったのではなかろうか。

意中の人に嫌われる恐怖に足がすくむ晴輝。人間らしくてよろしい笑

それにしても、女性(きらら)から「旅館の風呂めぐり」などという100%誘っているとしか思えないシチュでこのキレはひどすぎるぅwwww

 - 漫画レビュー