【ネタバレ漫画感想】日本沈没【6巻】理系脳を刺激する!大陸移動説を覆すマントルコーンモデル!

      2018/09/24

日本沈没 6巻

 

ヴェーゲナーの大陸移動説を塗り替える大演説シーンが面白い

日本沈没

教科書で習う、「プレートが沈み込んで行く=プレート上の大陸がゆっくり移動している。」

アレは誤りだ!!という導入。

日本沈没

「大陸の移動は物質としての大陸が移動するのではなく、形の情報が移動する・・・”印象移動”なのだ」

そしてそれは衛星から見た気象の移り変わりと似ている。。と続ける博士

 

衛星からの気象映像は地質変動と似ている。のではなく、「同じ」なのだ!

日本沈没

っほう!!!

 

これを説明するモデルが、マントルコーンモデルだ!! ← ヒョッ!?

日本沈没

え、唐突にこのモデルが出てきたけど、さっきの「印象移動」との関連がようわからんww

と一瞬思ったが、要は地面も流動体であり、同じように台風、竜巻があると。

そしてその様相が衛星写真の雲と同様、大陸として見えているということですね

日本沈没

「コーンは干渉し合う事で細分化していく」

↑これは納得してしまいそうになる、それっぽい説明やなと思った。

でもネットで調べる限り、この理論はこの漫画のオリジナルみたい。

めっちゃ「それっぽい」もの作るなぁ、と感心しますた!

 

地中の台風のぶつかり合いの上に日本があると

日本沈没

そして、裂けるらしい。

日本沈没

 

気象の高気圧・低気圧になぞって「沈み込む」説明もしていた。

おもしろかった。

でもネットではメチャクチャな理論だと叩かれていた。いや〜、SF設定として十分すぎるほど面白いでしょう!素人感想ですが笑

 

 - 漫画レビュー